滋賀医学国際協力会 プライバシーポリシー お問い合わせ

理事長あいさつ

公益財団法人 滋賀医学国際協力会
理事長 吉 川 隆 一

吉川理事長  滋賀医学国際協力会は、平成2年に関係する方々の多大なる努力により設立されました。 以来27年間に亘り、滋賀県において、医科学分野に係る外国人留学生及び医学部学生並びに内外研究者等に対し、奨励、育成及び助成を行うとともに、医科学分野の学術研究の推進及び医学研究の助成等各種事業を行ってきております。
 特に本会の設立目的の中で重きを置く、医科学分野に係る外国人留学生に対する助成については、中国、ベトナム、インドネシア・エジプト等から来日し、滋賀県の教育・研究機関において研究する多くの留学生に対して修学助成が行われ、帰国後、自国において我が国で学んだことを生かし、医科学分野において活躍をされている方が多くおられます。
 本会は、新しい法人法の施行に合わせ、平成23年度から公益財団法人(滋賀県知事認可)として新たなスタートを切ったところであります。滋賀県において医科学分野における国際的な活動をより積極的に推進し、地域医療の向上・活性化並びに我が国の医学の進歩、発展に寄与するため、思いを新たにして、各関係方面の方々の協力をいただき、より一層の充実発展を目指して努力をしていく所存でありますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
Greetings from the new Chairperson

Board Chairperson: Ryuichi Kikkawa

The Medical Science Association for International Cooperation was established through the collaboration of many people in the year 1990 (Heisei 2) representing the successful culmination of great work, and since then it has been supporting overseas students, medical students, and researchers coming to Shiga or going abroad from our prefecture for more than 27 years, as well as supporting various enterprises to innovate academic research in the medical science field.
In particular, one of the main points of this association is to financially help overseas students in the field of medical science who come from China, Vietnam, Indonesia, Egypt, etc., to do research in educational institutions in Shiga Prefecture so that they may study without financial difficulties. Actually there have been many students who, on their return home, have made use of what they learned here in the medical science field.
A new law reorganized this association as a public foundation in 2011 (H.23) and it was approved by the Governor of Shiga. In the beginning of this new phase, I would like to support international activities in this field in Shiga and to help to improve local community health so that we can contribute to the development of medicine in Japan. I promise to make every effort to enhance these fundamental ideas and aims of the association, and I ask your help as always.
The Shiga Medical Science Association for International Cooperation

創立25周年記念式典・報告会について

 平成27年11月7日(土)、大津プリンスホテルにおいて、公益財団法人滋賀医学国際協力会創立25周年記念式典・報告会が行われました。
〇 式 典
 本財団の吉川隆一理事長挨拶の後、来賓を代表して、滋賀県健康医療福祉部部長 藤本武司様、滋賀医科大学学長 塩田浩平様から祝辞をいただきました。
吉川隆一理事長挨拶滋賀県健康医療福祉部部長
藤本武司様
滋賀医科大学学長
塩田浩平様
〇報告会
 滋賀医科大学の留学生等として来日され、本財団の外国人留学生等修学助成を受けられ、帰国後、母国で活躍されている方を招へいし、近況について報告をしていただきました。
バングラディシュ
国立心臓財団教授
Sohel Reza Choudhury 様
北華大学副学長
杜 培 革 様
浙江省癌センター副所長
凌 志 強 様
〇祝典
 祝典では海外渡航助成学生の成果報告、インドネシア外国人留学生の「黒田節」演舞の披露があり、滋賀医科大学学生のアカペラグループと参加者全員による「琵琶湖周航の歌」の合唱で終宴となりました。
Copyright (C) 2010 滋賀医学国際協力会. All Rights Reserved.